この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

相見積りをきちん取る

適正な売却価格を知ることができる

複数の業者に見積もりを取りをすることで自分の売りたい不動産の適正価格を知るとこができます。
1社だけだとわかりにくく交渉するにも説得力に欠けるかもしれません。

思うように交渉が進まないと不動産会社の良いように言いくるめられてしまうのではないかと不安に感じる人もいるかもしれませんが、そうならないように事前にある程度の知識は頭に入れておく必要があります。

売りたい物件と同じような状態で、近いエリアの物件はいくらで売却されているのか、時価はいくら位なのかも把握しておくと強みになります。

手間はかかるかもしれませんし、面倒なことが苦手な人には敷居が高い作業かもしれませんが情報集めは手を抜かずに、相見積もりも必ず取りましょう。

直接のやり取りで対応の良し悪しがわかる

相見積りを取るのは価格の比較だけではなく、不動産会社の対応が自分に合っているか、信頼できると感じるかを判断するきっかけになります。
査定書を出してくれるかくれないかも信頼できるかどうかの決め手になります。

口頭だけで金額を知らせて、査定書の依頼をしぶるような様子がみられたら信頼度は低いと考えても良いでしょう。
査定書は出してくれないのに、とりあえず契約をさせようとガンガン営業トークしてくるようなところは候補から外した方が無難です。

反対に査定書の依頼の段階から丁寧に応対してくれると信頼度はグッとアップしますね。
その不動産屋が信頼できるか実際に話してみないとわからないものです。

また、不動産会社に全部丸投げという姿勢よりも、売却側が熱心な方が不動産会社も良心的な応対をしてくれる事もあるかもしれませんし、良い不動産会社に出会えるきっかけになるかもしれません。