この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

自分の売りたい不動産のケースについて把握する

売りたい物件は手ごろなものなのか

手ごろな物件というのは金額的にも購入しやすく、引っ越しをすればすぐに生活がスタートできるような物件です。
子育て中のファミリーが暮らしやすいような立地であったり、マンションや戸建てならスピーディに売却できるでしょう。

反対に売れにくいのは、築が古すぎて大きな修繕が必要な場合や、交通の便や買い物などに不便が多い地域の物件です。
例えお手頃価格だとしても購入する側は悩んでしまいます。

現在入居中なのか、ローンは完済できているか、名義の問題もあり、スムーズに売却できる場合と手続きなど含めて難航する場合もあるかと思います。
そういった事も含めて的確なアドバイスもしてくれるような不動産会社がみつかると安心できますね。

売却方法はどうするか考えて選ぶ

売りたい物件が手ごろで買い手がすぐに見つかりそうな物件の場合、市場に直接流通させた売却方法が高い金額で売却が狙えると言われています。
ポストなどに写真入りで不動産のチラシが入っているのを見かけたことはないでしょうか。
販売先をみると地元の不動産屋が窓口になっている事が多いです。
チラシが頻繁に入っているところは売却に積極的に働きかけをしている不動産会社かもしれませんから、まずはそこに相談するのも良さそうです。

土地の広さが一般のファミリー層が生活するには広すぎたり、狭すぎたり、高級住宅地で金額が高すぎるなど特徴があって買い手が付きにくそうだと感じる場合は不動産会社に直接買取を依頼してしまうのが賢明な場合もあります。